建築途中の状況を確認できる

自分の家であることを実感できます

注文住宅を建てるメリットには色々なものがありますが、その1つに建築途中の状況を自ら確認できる点が挙げられます。一方建売住宅の場合、建物が出来上がっていく過程を見ることはできません。これが建売住宅と注文住宅の大きな違いといっても良いでしょう。家が建つプロセスを自分の目で確認することで、自分の家であることを実感しやすくなります。自分たちの理想がカタチとなる家が建つのを間近に見ることで、マイホームに対する愛着が強くなることは間違いありません。愛着がわけばわくほど、その家を大切に扱うことになります。家の設備を粗末に扱うことはなくなるでしょう。また、定期的なメンテナンスの必要性を感じることができ、家を長持ちさせることにもつながるのです。

工事をしっかり確認できます

建築途中の過程をチェックできるということは、単純に家が出来上がっていく喜びを感じられるだけではありません。つまり、工事がしっかり行われているか、その様子をチェックできることにもなるのです。施主が建築現場にいることで、作り手である工務店や職人に対して程よい緊張感を与えることができます。建築途中の状況の確認は、予告することなく実施できます。つまり工務店や職人たちは、施主がいつ現場に来るのか分からない状態で作業することになります。これは施工業者としても良い意味でのプレッシャーとなり、決して手抜き工事をしてはいけないという気持ちにさせてくれるでしょう。また、建築途中の過程をチェックする中で、必要があれば第三者の専門家に相談することも可能です。