予算の調整がしやすい

コスト削減できる部分を探す

自分たちの理想を形にする注文住宅は、自由に決めるほどコストもかかります。予算オーバーもしやすいですが、その分コスト削減もできるため調整しやすいのがメリットでもあります。予算オーバーをしたときは、まず住宅の形や規模を見直すと良いでしょう。外見がスッキリと見える総2階は、間取りに問題がなければ採用することでその分コストカットができます。屋根の形もシンプルなものにすると、さらに効果的です。外見に変化が欲しい場合は、壁をツートーンにするといった工夫をするとスタイリッシュな印象にもなります。また、門扉やフェンスがあるとその分外構に費用がかかります。植栽をあしらうだけでも、外見に変化を与えるため検討してみると良いでしょう。

コスト削減してはいけない部分もチェック

いくら予算オーバーしたからといって、全ての項目をカットしていけばいいというわけではありません。日常的に安心して生活するためにも、耐震性や耐火性に関わる部分は削減してはいけないものです。また、セキュリティや防犯面に関しても同様です。住宅のカギや窓・扉は予算が足りないからと安価なものにしてしまうと、家族が安心して生活することができません。断熱材も、コスト削減してはいけない部分です。費用がかかるからと安価なものに変更してしまうと、外気温の影響を受けやすい住宅になり部屋の温度や湿度が調整できず、体調不良の原因となることがあります。カビや結露も発生しやすくなるため住宅が劣化しやすく、結果メンテナンスに費用がかかる可能性があります。