自由度の高さが魅力的

間取りや設備を自由に変更可能

注文住宅の自由度が高い理由の一つとして、家の間取りや導入する設備を自由に選ぶことができるというものが挙げられます。一般的には費用が安いため分譲住宅の購入を検討する方は多いですが、分譲住宅の場合は既に間取りや設備が決定されていることが多いだけでなく、契約時点で既に完成していることも。そのため、間取りや設備に関する希望があったとしても、元から用意されたオプションに含まれていない場合は対応してもらえないことがほとんどです。注文住宅であれば、設計段階からどのような間取りにするか、設備は何を導入するかを細かく打ち合わせすることができます。住む環境に細かなこだわりがある方でも、しっかり希望を伝えることで理想のマイホームが建てられるでしょう。

土地も自由に選ぶことができる

間取りや設備などの内装を選べるだけでなく、土地を自由に選べるのも注文住宅の魅力の一つ。建売住宅や分譲住宅の場合、元から用意されている土地に家が建てられるため、内装オプションが用意されている一方で土地の変更は一切できません。注文住宅の場合、一部例外を除いて建てる土地は自分で用意することができます。その分、建売住宅や分譲住宅より土地を選んだり契約したりする手間がかかりますが、立地の良い土地を選べるのは非常に便利なことです。注意点として、土地の用意は注文住宅を建てるハウスメーカーの協力を得て用意できないものなので、土地の用意と注文住宅の依頼は別にやらなければなりません。トラブルが起きやすい点でもあるので、事前にしっかり情報収集しておきましょう。